亜鉛やビタミン類が必要であること

最近は食事の内容を改善させて、頭皮へ栄養成分を届ける事を考えています。

必要となる栄養成分の基本はタンパク質になるのですが、髪の毛のケラチンを作成するためのタンパク質を大量に摂取したとしても、これだけでは足りないのです。

髪の毛を合成するときには、亜鉛やビタミンCなども使われるので、これらの栄養素が足りていることが求められるのです。

特に亜鉛に関しては日本人は基本的な摂取量に届いていないことが分かっています。

亜鉛が多く含まれる食品は豚のレバーや、牡蠣、それ以外はあさりやしめじなどの貝類などに多く含まれています。

しかし、ハンバーガーやステーキ、カレーライスなどの外食を食べるようになってくると、レバーを食べたり、牡蠣を食べる頻度は減ってしまいます。

なので、髪の健康を考えて自分で食材を調達して食事を作るような習慣が求められます。

特に、豚のレバーに関しては、調理に慣れるまでは作りにくいので、他のメニューで練習したりする必要があります。

その他にも、うなぎやラム肉などにも含まれていますが、こちらも食べる頻度はそれほど多くない食材であるはずです。

なので、亜鉛を摂取するには、積極的に食材を探す必要があります。

食材の調達が難しかったり食べる習慣がない場合は、サプリメントでカバーしていくことになると思います。

亜鉛のサプリメントは比較的安い製品が売られているので、1日の目標摂取量を基準にして選んでいきます。

▼スカルプDの効果を確かめてみる